でーとすぽっと.com

全国各地のデートスポットをご紹介しています。

【北九州】大正ロマンあふれる焼カレーのおいしいデートスポット「門司港レトロ」

文明開化の後、工業都市として発展した北九州市、その海の玄関だったのがここ門司港レトロ地区です。
なんて、堅苦しい歴史の説明もそこそこに、おしゃれで美味しい門司港レトロの魅力を紹介します。

到着してすぐレトロの洗礼「門司港駅」

門司港レトロへのアクセスの拠点である門司港駅、もうこの駅からすでにレトロ感満載。
古い映画のワンシーンのような、古びた中にもオシャレなホームを通り改札を抜けると、もうそこは大正時代。
駅の入り口で待ち構える、人力車のお兄さんたちの姿もいいアクセントで、これから訪れるレトロ体験が盛り上がること間違いなしです。

赤レンガと漆喰の街並み。「門司港レトロ地区」

かつて貿易拠点として栄えた名残を残す門司港レトロの象徴と言えば、言うまでもなく赤レンガの街並み。
関門海峡を望む港に並ぶ数々の赤レンガの建物は、ちょっとしたタイムスリップ感を感じさせるだけでなく、とにかくもうオシャレ。
北九州の名産品やお土産が買えるショッピングエリアや、ソフトクリームやスイーツ、B級グルメを食べ歩きながら港を散策できるデートコースにぴったりな海岸線。
また、全国最大級の歩行者専用はね橋「ブルーウィング」の雄大な姿は一見の価値ありです。

門司港レトロと言えばやっぱりこれ「焼きカレー」

某バラエティー番組で、女優の上戸彩さんが生涯で最後に食べるご飯に選んだ、門司港レトロの絶品グルメ、それが「焼カレー」
本格的なカレーソースのかかったご飯に、こんがり焼けたチーズが乗って……。その味はもう口では言い表せない美味しさ。
中でもお薦めしたいのは「伽哩本舗 門司港レトロ店」
お味についてはもう言う事はないのですが、注目はその立地。なんと門司港駅から徒歩30秒のところにあって、二階席はオーシャンビュー。
夕方、日の入りの時刻に合わせて来店すれば、海に沈む雄大な太陽を眺めながら絶品焼カレーがいただけます。

その他にも色々あります、門司港レトロ。

門司港レトロ地区から関門海峡を一望できる「門司港展望室」。旧財閥の豪華を体験できる「三井倶楽部」。九州唯一の鉄道博物館「九州鉄道記念館」などなど。
門司港レトロ地区にはまだまだたくさんのスポットがあります。そんな中からちょっと変わり種をご紹介。
門司港レトロ地区周辺には、ロバートの秋山さんのお父さんのお店と芋洗い坂係長の御実家のお店があります。
詳しい場所は……内緒です。ぜひ、門司港レトロを散策しながら探してみてください、時々本人もいらっしゃるそうですよ。

 

いかがでしたか、北九州市鉄板のデートスポット「門司港レトロ」
大正ロマンに包まれた赤レンガの街並みを、九州にお寄りの際は、ぜひカップルで散策してみてくださいね。